POTAの活動に賛同される方のみご利用頂けます。 迷惑書き込み防止のため、管理者が確認してから反映されるため、半日~1日遅れます。

COPM専用掲示板

名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

重要な作業がない人 - 管理者(過去掲示板から転載)

2017/02/22 (Wed) 17:16:57

しばらく,この掲示板を見るのを忘れていました。
重要な作業がない人は,たくさんいます。COPMをするのは,「これができたら,この人は今より良い状態になるだろうな」という作業を見つけられると考えるからです。でも,自分の人生の中でこのような作業に,まだ巡りあっていない人がたくさんいるようです。私も,最近ある作業を経験する機会があり,以前より生き生きと前向きになったと思います。クライエントと一緒に,その人にとって重要な作業を探してみましょう。
この場合COPMの第1段階では,「やりたいことを見つける」というのはどうかと提案してみましょう。OTへの継続参加,芸術祭への参加をすることを作業療法士は期待しているがどう思うかを聞いて,遂行度と満足度を記録することもできます。看護師は生活指導が必要と考えているが,看護師の支援を受けずに自立したい生活が何かあるか,作業療法士は生活に問題ないと思っているが,看護師が指導が必要と言うからには何か問題があると思うか,それを自立して行いたいか,などと聞くこともできると思います。

動作能力とCOPM - 管理者(過去掲示板から転載)

2017/02/22 (Wed) 17:16:57

COPMはクライエントの主観を評価するものなので,動作能力とは別の側面を測っています。相関することもあれば,しないこともあるでしょう。子どもの体重と身長は相関するけれど,身長の成長が止まった大人の体重と身長は相関しないことと似ています。
動作能力が高くても,遂行度と満足度が低いというのは,美人がエステに通ったり美容整形するのと同じです。「自分のしたい作業がうまくできて満足」と思えることが作業療法の目標なので,COPMをします。作業療法の成果は,クライエントが決めるのです。

動作能力とCOPMの遂行度及び満足度の相関性について - 管理者(過去掲示板から転載)

2017/02/22 (Wed) 17:16:57

回復期に3年目のOTです。臨床場面にてCOPMを使用ささてもらっています。そこで質問なのですが、最近整形疾患の患者さんを担当する機会があり、その患者さんは比較的動作能力が高い方でした。COPMを実施したのですが、動作能力が高いにも関わらず、遂行度や満足度はとても低値を示しました。その後、COPMで挙がった作業も評価したのですが、ほぼ問題ないレベルでした。
今まで、COPMを経験した中で動作能力と遂行度及び満足度は比較的ズレが無かったのですが、今回のような経験は初めてです。(動作能力が高ければ遂行度及び満足度は比較的高い動作能力が低くければ遂行度及び満足度も比較的低い)。
動作能力と遂行度及び満足度の相関性はどの位あるのでしょうか?分かりづらい質問ですみません。また、そのような内容の文献等あれば教えて頂きたいです。
宜しくお願いします。

動作能力とCOPMの遂行度及び満足度の相関性について - 管理者(過去掲示板から転載)

2017/02/22 (Wed) 17:16:57

回復期に3年目のOTです。臨床場面にてCOPMを使用ささてもらっています。そこで質問なのですが、最近整形疾患の患者さんを担当する機会があり、その患者さんは比較的動作能力が高い方でした。COPMを実施したのですが、動作能力が高いにも関わらず、遂行度や満足度はとても低値を示しました。その後、COPMで挙がった作業も評価したのですが、ほぼ問題ないレベルでした。
今まで、COPMを経験した中で動作能力と遂行度及び満足度は比較的ズレが無かったのですが、今回のような経験は初めてです。(動作能力が高ければ遂行度及び満足度は比較的高い動作能力が低くければ遂行度及び満足度も比較的低い)。
動作能力と遂行度及び満足度の相関性はどの位あるのでしょうか?分かりづらい質問ですみません。また、そのような内容の文献等あれば教えて頂きたいです。
宜しくお願いします。

精神科病院における長期入院患者へのCOPM - 管理者(過去掲示板から転載)

2017/02/22 (Wed) 17:16:57

回復期に3年目のOTです。臨床場面にてCOPMを使用ささてもらっています。そこで質問なのですが、最近整形疾患の患者さんを担当する機会があり、その患者さんは比較的動作能力が高い方でした。COPMを実施したのですが、動作能力が高いにも関わらず、遂行度や満足度はとても低値を示しました。その後、COPMで挙がった作業も評価したのですが、ほぼ問題ないレベルでした。
今まで、COPMを経験した中で動作能力と遂行度及び満足度は比較的ズレが無かったのですが、今回のような経験は初めてです。(動作能力が高ければ遂行度及び満足度は比較的高い動作能力が低くければ遂行度及び満足度も比較的低い)。
動作能力と遂行度及び満足度の相関性はどの位あるのでしょうか?分かりづらい質問ですみません。また、そのような内容の文献等あれば教えて頂きたいです。
宜しくお願いします。

何を代償したいか,何を回復させたいか - 管理者(過去掲示板から転載)

2017/02/22 (Wed) 17:16:57

お返事すごく遅くなってすみません。
いつでもだれでもできないことをすぐにできるようにするのが代償モデルです。
回復モデルは,どの機能を回復させたいかによって,何をどれほどの頻度で行うかが決まると思います。
環境調整によって低下した現在の機能でテレビを見ていたら,耐久性も向上したということはあると思いますが,これは代償モデルで介入したら作業遂行も心身機能もよくなったということで,回復モデルではありません。
回復モデルは,初めから耐久性向上を目指して,本人が見たいテレビを計画的に段階づけて見るということになると思うので,そうそうテレビ番組をコントロールできないから,興味のあるビデオの長さを伸ばしていくことになるのかなと思います。
散歩だったら,どんな姿勢でいつどこに行くのかを詳細に決めて,耐久性を評価しながら,プログラムを変更していくことになると思います。

モデルについて - 管理者(過去掲示板から転載)

2017/02/22 (Wed) 17:16:57

はじめまして。最近AMPS認定評価となり急性期の臨床でぼちぼち使っているOTです。
先日、水頭症の患者様にCOPMをとったところ、「①起きてTVを見る」「②散歩に行く」ということが挙がりました。耐久性の低下で長時間の離床が困難なことが原因の1つとして挙げられます。AMPSの結果では、運動1.0ロジット以下、プロセス0.0ロジット以下であり、回復モデルの適用にはならない値かと思います。しかし、水頭症(シャント術)の予後は離床を進めることで病態もよくなる、という文献もあります。①②に向けて、疲れない姿勢や環境調整として代償モデル、好きな作業で離床しながら体力UPを図り回復モデルを使おうとしているのですがよろしいのでしょうか?

(無題) - 管理者(過去掲示板から転載)

2017/02/22 (Wed) 17:16:57

ご返信ありがとうございます。
勘違いをしているところがありました。修 正して研究再検討したいと思います。
わかりやすく説明いただきまして理解が進みました。ありがとうございました。

COPMの部分的使用 - 管理者(過去掲示板から転載)

2017/02/22 (Wed) 17:16:57

COPMは部分的に使うことができます。
ステップ1だけ使えば,何がしたいか,何をする必要があると思っているかがわかります。
しかし,遂行度と満足度の数値がわからなければ再評価で比較することはできません。

研究で使われるのは平均スコア - 管理者(過去掲示板から転載)

2017/02/22 (Wed) 17:16:57

COPMを使った研究は250以上あります。
様々な疾患や対象者に対して,様々な介入が行われた成果をCOPMで測定しています。
初回の平均スコアから再評価(多くは介入終了時)の平均スコアを引いた結果が2点以上ということが多かったので,2点以上の変化が意味があると解釈できます。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.